URAMIRAIKAN

1020のなれの果て (since 2005.6.19)

ワゴン、そんなに減ったのか…

 ステーションワゴンの車種がなくなってきているというのは知っていましたが、街中でもそこそこ走っているのは見かけるので、国内メーカーで新車購入できるのが4車種(その内の一つは光岡)と聞くと「マジか!」という感じです。思いつく車種はみんな終了していました。
 まあ、絶対数は少ないとはいえ外国車が強いジャンルでもあるから棲み分けできているのかな。

 前にちょっと触れたかもですが、アクセラに乗り始めてだいぶ経つのでディーラーからの売り込みがそれなりに😓
 今のマツダのラインナップだと順当にMAZDA3一択ですかね。SUVは何か違うし、MAZDA2はちょっとデザインが窮屈に見えるし、ロードスターは欲しいけど1台だけだと普段の使い勝手が…。他の国内メーカーでもこれといったものは見当たらない。


テンキーがない

 メモリがLPCAMM2というのも多少の興味はあるのですが、どちらかというとキーボードが気になっています。
 「ThinkPad P1 Gen 7」はたぶん16インチディスプレイのモデルだと思うのですが、記事の画像だとテンキーレスキーボードなんですよね。現行の「P1 Gen 6」もテンキーレスみたいです。

 今年は自宅用PCの買い換えタイミングなので購入可能なThinkPadの最新モデルを物色しているのですが、最有力のTシリーズだと16インチモデルはもれなくテンキーが付いてきてしまうようです。自宅専用にするので16インチにしたい気持ちもあるのですが、テンキーがあるとトラックポイントを含むキーボードの位置が左に寄ってしまって、ディスプレイの中心と大きくずれるのが気に入らないポイントです。それを考えると現行踏襲の14インチかなと。
 ですが、Pシリーズでテンキーレスキーボードを選べるなら良い選択肢になる気がします。日本のオンラインストアではまだ「P1 Gen 7」は購入できないみたいなので、しばらく待ちになりそう。どうせ買うならやはりその年の最新モデルにしたい。

 まあ、自分の使い方だとPシリーズはオーバースペック感がありますね。現在よりも性能面で貧弱だった過去にはグラフィック性能高めのノートPCということでW520を使っていたこともありますが、今はそんな必要もないでしょうし。


何に使われているんだろう

「DivX 11」が登場 ~Windows版の無償ダウンロード提供が開始

 米DivXは4月18日(現地時間)、Windows版「DivX 11」のダウンロード提供を開始した。メディアプレーヤーやコンバーター、メディアサーバー、ライブラリといった機能が単一のユーザーインターフェイスに統合されたほか、レイアウトも一新され、よりモダンで使いやすいデザインとなっている。

 「DivX」は、さまざまなオーディオ・ビデオ形式(フォーマット)を再生するためのプレイヤー、フォーマットを変換するためのコンバーター、TVなどのDLNA対応機器へメディアを配信するサーバーなどを収録したソフトウェアパック。基本的な機能は広告付きで無償。一部の高度な編集・変換機能や広告の除去、「Google ドライブ」や「Dropbox」といったクラウドストレージと連携できる「Cloud Connect」などは、有償の「DivX Pro」ライセンス(税込み2,406円)が必要となる(一部機能は15日間の試用が可能)。
- 窓の杜 -

 懐かしい名前を見かけたので少し見てみましたが、v10がリリースされたのは10年以上前みたいですね。ちゃんと継続してアップデートされていたんだと感心しました。
 DivXというと、プレイヤーというよりもコーデックという印象です。昔はちょっとした動画変換とかをやっていたので、細かくカスタマイズできることもあってお世話になっていた時期がありました。

 プレイヤーとしてもコーデックとしても、今はDivXを積極的に使う分野とか理由はあるんですかね?


今日はいつもより早めに寝る

 大型連休の最終日くらいは生活リズムを戻すために普段通りの時間に起きるよう心掛けているのですが、今日は起きることができなくて。
 明日は在宅勤務にしているけど、9時から会議だったり予定が終日隙間なく入っている状態だからマジで寝坊は許されぬ😭
 無理矢理でも眠らねば。


ビジネスバッグを整理

 休みなので整理というか、入っているものを確認。特にこのタイミングで入れ替えたりとかではないですが、なんとなく。
 ちなみに昔のはこれとかこれとか(10年以上前のですが)。


 現在使っているバッグは「Bellroy Classic Backpack」です。
 2020年6月頃から利用中。当時は(というか今もですが)シンプルなデザインと必要十分な機能性ということで選択しました。


全体

 バッグの中身です。

  • ノートPC
  • ポーチ(左下、電源ケーブル等)
  • ノートとボールペン(左上)
  • 折りたたみ傘
  • ガジェットケース(中央上)
  • ペンケース
  • 自宅の鍵(Orbitkey)
  • 名刺
  • 印鑑類
  • 軍手

 写真のPCは私物ですが、さすがに出勤時は会社貸与の業務用PC(ThinkPad X13 Gen 3)になります。
 名刺は、以前はスーツのポケットに入れていることが多かったのですが、最近は働き方の変化であまり使わなくなりバッグに入れています。
 軍手はたまに荷物を運んだりするときのためですね。めったにないですが。
 他に写真に映っていないものとして、会社のセキュリティカードとかロッカーキーがあります。


ペンケースの中+α

 ペンケースに入れているのはボールペン、カッターナイフ、静電バンドですが、使用頻度は低いです。
 ペンケースとボールペンはイベントとかでもらったノベルティです。
 静電バンドやカッターナイフは、最近は仕事で機材を開梱したりキッティングすることはあまりなくなりましたが、何となくインフラエンジニアの嗜みとして入れている感じです。
 写真下側の2本のボールペン(CROSS CLASSIC CENTURYとUNI PURE MALT)はペンケースには入れずノートカバーに挿していて、普段使いはこちらになります。


ポーチの中

 ポーチの中はノートPC用の電源(CIO NovaPort SLIM 65W)、USB-Cケーブル、USBハブ(US3-HB3ETG)、AirTagです。
 ポーチはやはりノベルティですね。
 会社のPCはバッテリー持ちが非常に悪く、PC電源は外出時に最も使用頻度が高いのですぐに出せるように分けています。最近のノートPCは汎用のUSB PDで充電できるので、大きいACアダプターを持ち歩かなくて良いのが助かります。
 USBハブはUSBではなく有線LANポートが主な用途です。


ガジェットケースの中

 ガジェットケースはバッグと同時期に購入した「Bellroy Tech Kit」です。  同種の製品としてはちょっと価格が高めですが、作りがしっかりしているので気に入っています。


 ガジェットケースに入れているものはこんな感じです。

  • USB-Cケーブル(USB 3.2 Gen 2)
  • USB-A to 3in1ケーブル
  • HDMIケーブル
  • LANケーブル
  • USB to RS-232Cケーブル
  • USB充電器兼モバイルバッテリー(SMARTCOBY Pro PLUG)
  • ヘッドセット(Jabra Talk 45)
  • 有線イヤフォン(昔のiPhoneの付属品)
  • ThinkPad Ethernet Extension Adapter
  • モバイルマウス(Logicool Pebble M350)

 Jabra Talk 45とか会社貸与のiPhone SEがあるので、残念ながらまだLightningやMicro USB用のケーブルが必要です。
 有線イヤフォンはリモート会議が連続してJabra Talk 45がバッテリー切れになった時のため、マウスは作業とかで他のPCを使う時のためですね(私はトラックポイントがあればマウス要らない人なので)。
 ThinkPad Ethernet Extension Adapterは私物PC用でなんとなく入れていますが、先に出てきたUSBハブで十分なので使うことはないかなぁ。


 仕事ではまだ印鑑を使う機会があるので、シャチハタと普通の印鑑を持ち歩いています。
 社内では紙で出すことはほぼなくなりましたが、お客さんによっては必要ですね。


 2012年の段階でノートカバー(コクヨ SYSTEMIC)、ボールペン(BlackBerryロゴ入りのCLASSIC CENTURY)、シャチハタは同じものを使っているんですよね。やはりアナログは強い。
 電子機器はバッテリー劣化だったり新技術への移行だったりで、どうしても入れ替わりが発生しますからね。

 あぁ、もう連休が終わってしまうな~。