URAMIRAIKAN

1020のなれの果て (since 2005.6.19)

SolidFireのIOPSを取得するスクリプト②

 昨日の続き。
 もうちょっと手を入れてみた。

 同じシステムで使っている他のストレージはRead/Write/TotalのそれぞれのIOPSを監視しているのですが、SolidFireでも同じ事をしたい。しかし、SolidFireの管理GUIではRead IOPSやWrite IOPSを確認できるのですが、REST APIから取れる値には見当たらない。
 ユーザーガイドを読んでいたら、以下のように記載されていました。

Input / Output Calculations:
The calculations and keys used for Input / Output are shown below.
・"Read IOPS": current (readOps) - previous (readOps)
・"Write IOPS": current (writeOps) - previous (writeOps)
・"Total IOPS": readOps + writeOps

 ようは"readOPS"と"writeOPS"を2回とって計算すればいいわけですね。
 昨日のスクリプトをちょっと変更。

#!/usr/bin/python import sys import time import json import pycurl from io import BytesIO sfuser = 'admin' sfpass = 'password' api_endpoint = 'https://192.168.0.1/json-rpc/8.0' api_params = {"method": "GetClusterStats", "params": {}, "id": "1" } delta = 30 tmpfile = '/var/tmp/sfiops.txt' def main(): data1 = get_clusterstats() time.sleep(delta) data2 = get_clusterstats() rio = (data2['result']['clusterStats']['readOps'] - data1['result']['clusterStats']['readOps']) / delta wio = (data2['result']['clusterStats']['writeOps'] - data1['result']['clusterStats']['writeOps']) / delta tio = rio + wio f = open(tmpfile, 'w') f.write('total,read,write\n' + str(tio) + ',' + str(rio) + ',' + str(wio)) #print('Total IOPS {}'.format(tio)) #print('Read IOPS {}'.format(rio)) #print('Write IOPS {}'.format(wio)) f.close() def get_clusterstats(): response = BytesIO() conn = pycurl.Curl() conn.setopt(pycurl.URL, api_endpoint) conn.setopt(pycurl.SSL_VERIFYPEER, False) conn.setopt(pycurl.SSL_VERIFYHOST, False) conn.setopt(pycurl.HTTPAUTH, pycurl.HTTPAUTH_BASIC) conn.setopt(pycurl.USERPWD, "%s:%s" % (sfuser, sfpass)) conn.setopt(pycurl.POST, 1) conn.setopt(pycurl.HTTPHEADER, ['Accept: application/json', 'Content-Type: application/json']) conn.setopt(pycurl.POSTFIELDS, json.dumps(api_params)) conn.setopt(pycurl.WRITEFUNCTION, response.write) conn.perform() http_code = conn.getinfo(pycurl.HTTP_CODE) if not http_code is 200: sys.exit(1) else: return json.loads(response.getvalue()) if __name__ == "__main__": main() sys.exit(0)

 変数"delta"で値をとる間隔(秒)を設定しています。

 余談ですが、SolidFireは専用の仮想アプライアンスを通してメーカーに統計情報を送ることができます。その情報はActive IQというサイトで見ることができるので、SolidFireだけであれば自前の監視システムは要らないかもしれません。
 実際はストレージしかないシステムなんてほとんどないでしょうから、統合監視をするなら結局は作り込まないといけないということですね。


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

1020@管理人

都内を彷徨っているインフラエンジニアとかいう雑用係。いつだって眠い…。

最近のつぶやき

@umkn1020 (07/03-18:57)
RT @kamo_hiroyasu: 「人口の1割は複文が処理できないのだから、そのつもりで行動しろ」と助言することが時々あるのですが、「何もしなければ、42万人死亡する」を「42万人死亡する」と誤読して「外した」と煽る人がわらわらと湧いてきたことで、説得力が増しました。
@umkn1020 (07/03-18:49)
RT @taijijiji: 外資企業が日本市場でhiring難しいとは聞いていましたがこれほどとは。。日本人の転職の心理的ハードルの高さ、英語ポジションへの苦手意識が伺える。。英語は実質的な語学スキルよりも「やっていける自信がない」「怖い」「どうせ落とされる」というメンタリテ…
@umkn1020 (07/03-13:03)
RT @yuutosi_hiyuu: 声だして笑った https://t.co/EjqAUuT3z0
@umkn1020 (07/02-16:02)
Smart LifeでIFTTT使えなくなっていたのか…
@umkn1020 (07/01-17:23)
RT @rioriost: だーかーらー、HAクラスタをすぐ組もうとしない!w オンプレの発想をそのまま持ってくるんじゃなく、クラウドに合ったやり方を学びましょうよ。 できるよ、IaaSでHAクラスタも組めるよ。 でも、スタンバイノードのコストを払い続けるの、なんかおかし…

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ