URAMIRAIKAN

1020のなれの果て (since 2005.6.19)

CentOS 7へのMercurialインストールについて

 最近はバージョン管理システムにGitを使うことが多いですが、個人的にはMercurialを長年使ってきたこともあり、Gitへ移行していないプライベートレポジトリにアクセスするため個人の作業環境にはMercurialをインストールすることが多いです。

 そんなわけで、CentOS 7環境へMercurialをインストールする際のメモです。

 CentOS 7へMercurialを入れる最も簡単な方法はEPELレポジトリからインストールすることですが、今のところバージョンが"2.6.2"と非常に古いです。
 また、開発元のレポジトリをつか方法がWikiにありますが、自分の環境ではこれも最新のバージョンにはなりませんでした。RPMファイルを個別にインストールするのは依存性の解決が手間ですね。
 以前はPythonの"easy_install"を使っていましたが、今時の方法ではありません。
 そこで最近は"pip"を使っています。"pip"ならCentOS以外の環境でも使えるという理由もあります。

 そんなこと言いながら、CentOS 7はデフォルトで"pip"が使えません。
 まずは"yum"でEPELレポジトリを使えるようにし、そこから"pip"と開発パッケージをインストールします。

# yum -y install epel-release
# yum -y install python-devel python-pip

 これで"pip"が使えるようになりますが、これでは"pip"自体のバージョンが古いはずなのでアップグレードします。

# pip install -U pip

"pip"がアップグレードできたら、Mercurialをインストールします。

# pip install mercurial

 これで最新のMercurialがインストールできたはずです(リリースタイミングによってはタイムラグがあるかも)。

# hg --version
Mercurial Distributed SCM (version 4.7.2)
(see https://mercurial-scm.org for more information)

Copyright (C) 2005-2018 Matt Mackall and others
This is free software; see the source for copying conditions. There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

 しかし、相変わらず自分の周りでは自分以外にMercurialを使っている人を見かけなかったりします。


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

1020@管理人

都内を彷徨っているインフラエンジニアとかいう雑用係。いつだって眠い…。

最近のつぶやき

@umkn1020 (10/19-12:50)
ちょっとタイトルの付け方がどうかとは思う。 : Apple、布を発売 1枚1980円 - ITmedia NEWS https://t.co/YYAMcTDSke
@umkn1020 (10/19-10:26)
寒い…
@umkn1020 (10/18-19:45)
RT @yuroyoro: 障害の原因: ヒューマンエラー 再発防止策: ヒューマンを絶滅
@umkn1020 (10/16-12:24)
現在地は"Saitama Pref." ( https://t.co/45TObVydMm )
@umkn1020 (10/15-18:04)
移動に疲れた…

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ