URAMIRAIKAN

1020のなれの果て (since 2005.6.19)

選択されているタグ : Linux , Pacemaker

Pacemakerでフェイルオーバー時にメール送信する

 以前も似たような依頼を受けたので、対応のメモです。

 PacemakerについてはLinux-HA Japanとかを参照。今回の環境はここで配布されていたRHEL6用パッケージ(pacemaker-1.0.13-1.1.el6.x86_64.repo.tar.gz)をCentOS 6に入れています。構築自体はかなり前に完了していて、既に稼働してました。

 クラスタを組んだサーバでフェイルオーバーが発生したということは障害が発生したということなので、何らかの対応を取らねばなりません。とはいえ、そもそもフェイルオーバーが発生したことに気がつかなければなりませんから、通常は監視システムを併用して通知をすると思います。
 しかし、今回は諸般の事情でPacemakerの機能で障害時にメール通知できないかという相談でした(将来はちゃんと監視システムを検討するということらしいですが)。

 Pacemakerには"MailTo"というリソースエージェントがありますので、今回はこれを使用することになりました。


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

1020@管理人

都内を彷徨っているインフラエンジニアとかいう雑用係。いつだって眠い…。

最近のつぶやき

@umkn1020 (07/09-19:33)
腹の具合が…
@umkn1020 (07/09-15:36)
順調に増えてるなぁ。それでも再自粛はやめてほしいが。
@umkn1020 (07/09-15:35)
RT @NewsDigestWeb: 新型コロナ 東京都で新たに220人以上の感染確認 過去最多 https://t.co/qKhZ4gZl0H
@umkn1020 (07/09-15:33)
RT @ts7i: 最後の晩餐感がすごい。『Web会議「Microsoft Teams」にバーチャルルームに集まれる「Togetherモード」』 https://t.co/NB3OZAFBrZ https://t.co/bmg9PxuNU2
@umkn1020 (07/07-23:28)
メーラーをShurikenからOutlookへ移行中。メール用途だとOutlookが好ましいわけではないけど、O365を使っているからねぇ…

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ