URAMIRAIKAN

1020のなれの果て

選択されているタグ : PowerDNS

タグを絞り込む : Linux MariaDB Python

BINDのゾーン情報をPowerDNSへインポート

 PowerDNS関連の一連のインストールが完了したので、ゾーンを作成していきます。
 今回は既存のDNSサーバ(BIND 9)をリプレースするので、まずはBINDのゾーンファイルの内容を移行することにします。


PowerDNS-Adminをインストール

 PowerDNSをインストールしたので、管理のためのWeb UIです。
 GitHubのWikiにいろいろとリストアップされているので、ここからPowerDNS-Adminを選びました。
 PowerDNSとはAPIで連携、Python、最近も更新されている、なんとなくモダンな感じという適当な理由です。

 以前使っていたPoweradminはちょっと前に見たときはしばらく更新がなくて取り消し線が付いていたと思いますが、また復活していましたね。


MariaDB/PowerDNSをインストール

 PowerDNS Recursorに続いて、今度は権威DNSを置き換えるためにPowerDNS (Authoritative Server) をインストールします。

 ところで、PowerDNSはゾーン情報を格納するバックエンドに様々なものが使えます。
 今回は自分の慣れとかもあってMariaDBを使うことにしました。MariaDBもCentOS標準のものはバージョンが古いため、公式のパッケージを利用します。


PowerDNS Recursorのインストール

 そろそろお仕事でPowerDNSを使いそうですが、ここしばらく触っていなかったのでおさらい。
 PowerDNSは4.1からAuthoritative Serverでの再帰設定("allow-recursion"等)がなくなって、Recursorとの役割分担が明確になったようです。

 まずはキャッシュDNSを置き換えるためPowerDNS Recursorのインストールまで。


PowerDNSでDNSSEC対応

 前回作成したPowerDNSをDNSSECに対応させるために設定変更する。
 管理用に入れたPoweradminはまだDNSSEC関連の設定を操作できないようなので、操作はコマンドラインで行う。

 設定のため、事前にテスト用のゾーンは作成しておく。


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

1020@管理人

都内を彷徨っているインフラエンジニアとかいう雑用係。いつだって眠い…。

最近のつぶやき

@umkn1020 (07/18-17:56)
RT @kis: 車を運転するとき、隣で寝てたら、よい運転ができてるなって思うので眠いなら寝て欲しい。というか、単に自分は運転中に隣で寝て欲しくないというのを「当たり前のマナー」にするのやめてほしさがある。 https://t.co/QEQKwn6rdD
@umkn1020 (07/18-17:55)
むしろ寝ててくれと思うことが多いが
@umkn1020 (07/18-17:55)
RT @nyarunyaru221: 人の車に乗る時のマナー どれも当たり前の事だと思うけど、出来ない人多いからね 奢れとまでは思ってないけど、どんなに親しい間柄でも最低限のマナーは必要 https://t.co/irmCruQEZZ
@umkn1020 (07/18-17:54)
担当外の所にどこまで指摘を入れるべきか…
@umkn1020 (07/17-19:28)
なんか燃やされそうw

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ