URAMIRAIKAN

1020のなれの果て

選択されているタグ : PowerShell

タグを絞り込む : ActiveDirectory VMware Windows Zabbix

PowerShellでスクリーンロックとログオフ(その2)

 やりたかったことは昨日のと同じこと。
 しかしながら、いざ使おうと思った環境では"LockApp"が動いていない?
 スクリーンロックの挙動が違うのでしょうか。この辺りの使用はよく分かりません…。

 そこで、監視するプロセスを変えてみました。


PowerShellでスクリーンロックとログオフ

 Windows 10で「スクリーンロックしてから一定時間経過したらログオフさせたい」という要望がありまして、ちょっとしたスクリプトでやってみたメモ。

 基本的にはここにある内容を利用して、あとは目的に合わせて使いやすいように味付けした感じです。

 やっているうちに気がついたのですが、電源管理でディスプレイをオフにするようにしているとロック/アンロックの判定がうまくいかないことが多いようです。今回はそれに関してあまりは深追いせず、無効にする感じで。


ゲストOSを識別してVMware DRSの仮想マシングループに追加するスクリプト

 お仕事の備忘録です。

 仮想環境のリソースを効率的に利用するため、ハイパーバイザー上のゲストOSを揃えた方がよいケースがあります。
 VMware DRSが有効になっている環境では、ある仮想マシンを特定のホストに集めたい場合はアフィニティルールを使うのが一般的です。自分が作った仮想マシンなら自分で設定を入れればいいのですが、ユーザーセルフのプライベートクラウドなんかだとそうもいきません。
 そのためタスクスケジューラ等で定期的にスクリプトを実行し、各VMのゲストOSを識別して対応する仮想マシングループに追加していくことにしました。


PowerShellでTLS1.2や自己証明書への対応

 わりと今さらな話題なのですが、ちょっとど忘れしてしまったときに探すのが面倒いのでメモです。

 最近はのHTTPSではTLS1.1以前の古いプロトコルが無効化され、実質的にTLS1.2しか使えないケースが多々あります。
 これに対してPowerShellの"Invoke-RestMethod"でアクセスしようとするとバージョンによって拒否されるので、その対策が必要となります。
 また、ローカル環境では自己証明書が使われる機会も多いので、その対策と合わせたものをスニペット的に使っています。


vCloud Director環境下のStorage vMotion

 お仕事で「vCloud Director管理下のVMをストレージポリシーは変更せずにStorage vMotionできる?」と質問されたので、ちょっと確認した備忘録。
 VMwareのKBでは、だいぶ古いけど該当項目がありました(もっと新しいのがあるかも?)。

 ストレージポリシーとかの整合性に注意すれば普通にvCenter ServerからStorage vMotionしても問題なさそうですが、REST APIで実行するのが良さそうです。
 ただ、APIを一つ一つ手作業で操作するのは手間なので、いつも通りスクリプトにしました。


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

1020@管理人

都内を彷徨っているインフラエンジニアとかいう雑用係。いつだって眠い…。

最近のつぶやき

@umkn1020 (01/26-17:29)
RT @kasakoworld: 「中国の団体旅行禁止、訪日客4000万人目標に暗雲 -国内経済に打撃も」 いやいやいや。 経済に打撃って 禁止しなきゃ社会や経済に もっと打撃があるぐらい やばいってことでしょ! 感染爆発より金儲けかよ日本は! https://t.co/t…
@umkn1020 (01/25-23:05)
RT @_tabane: ひよこをにわとりに進化させるピックを作りました https://t.co/2KJ06QTkNx
@umkn1020 (01/25-17:34)
RT @fga2k: 水素水メーカーのクレーム対応文、最高に皮肉きいててここだけ好き https://t.co/LZ7W4ncwsA
@umkn1020 (01/24-20:25)
かぜつよいなぁ
@umkn1020 (01/24-08:53)
同じプロジェクトに参加している同僚が体調不良で1週間休んでるんだけど、心がやられてないか非常に不安。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ