URAMIRAIKAN

1020のなれの果て (since 2005.6.19)

送信専用のPostfix設定

 監視システムによる障害通知やスクリプトの成否通知のため、送信専用MTAの設定を繰り返していたので備忘録。
 ローカルのみで使うことが前提です。

 MTAをホスト毎に作らなくても…とは思ったのですが、既存のポリシーを踏襲するとこうなったのは余談です。
 やはり、フル機能のメールサーバはちゃんとしたサービスを利用するのがいいですね。メールサーバの勉強ならともかく、運用のあれこれを気にするリソースは他に振り分けたいので。

 例によってCentOSまたはRHEL 6/7を使うことがほとんどなので、ディストリビューション標準のPostfixを使う。
 設定は以下の通り(デフォルトからの変更のみ記載)

 まずは基本の"/etc/postfix/main.cf"

# ホスト名 myhostname = host.example.com # ドメイン mydomain = example.com # 送信メールのドメイン名 myorigin = $mydomain # メール中継を許可するネットワーク(ローカルホストのみ) mynetworks = 127.0.0.1 # メールの送信先(特定のMTAへ転送) relayhost = relay.example.com:587 # 上記送信先MTAの認証情報(SMTP認証) smtp_sasl_auth_enable = yes smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/authinfo smtp_sasl_security_options = noanonymous smtp_sasl_mechanism_filter = plain # ローカルメール配送を無効化 local_transport = error:local delivery is disabled

 続いてメール配送サービスの定義"/etc/postfix/master.cf"から"smtp"と"local"をコメントアウト。

#smtp inet n - n - - smtpd #local unix - n n - - local

 "main.cf"中で定義したファイル"/etc/postfix/authinfo"にSMTP認証情報を記載。

relay.example.com:587 mailuser:password

 上記のファイルからハッシュ化したDBを作成するため"postmap"コマンドを実行。

# postmap /etc/postfix/authinfo

 あとはサービス起動(または再起動)で完了。


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

1020@管理人

都内を彷徨っているインフラエンジニアとかいう雑用係。いつだって眠い…。

最近のつぶやき

@umkn1020 (07/03-18:57)
RT @kamo_hiroyasu: 「人口の1割は複文が処理できないのだから、そのつもりで行動しろ」と助言することが時々あるのですが、「何もしなければ、42万人死亡する」を「42万人死亡する」と誤読して「外した」と煽る人がわらわらと湧いてきたことで、説得力が増しました。
@umkn1020 (07/03-18:49)
RT @taijijiji: 外資企業が日本市場でhiring難しいとは聞いていましたがこれほどとは。。日本人の転職の心理的ハードルの高さ、英語ポジションへの苦手意識が伺える。。英語は実質的な語学スキルよりも「やっていける自信がない」「怖い」「どうせ落とされる」というメンタリテ…
@umkn1020 (07/03-13:03)
RT @yuutosi_hiyuu: 声だして笑った https://t.co/EjqAUuT3z0
@umkn1020 (07/02-16:02)
Smart LifeでIFTTT使えなくなっていたのか…
@umkn1020 (07/01-17:23)
RT @rioriost: だーかーらー、HAクラスタをすぐ組もうとしない!w オンプレの発想をそのまま持ってくるんじゃなく、クラウドに合ったやり方を学びましょうよ。 できるよ、IaaSでHAクラスタも組めるよ。 でも、スタンバイノードのコストを払い続けるの、なんかおかし…

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ